PixAutoアップデートのご案内(メルマガ6月再掲)

お世話になっております。
2022年6月7日に配信しましたメールマガジンを再掲いたします。

16.薬物動態以降の表編集機能を拡充!Part2

  • 表タイトルの設定変更が可能になりました
    左揃え、右揃え、中央揃え、両端揃えの4種から選択可能
  • フッターの設定変更が可能になりました
    左揃え、右揃え、中央揃え、両端揃えの4種から選択可能
    更に、段ごとに設定することも可能です
    例)1段目は右、2段目は左に揃える

旧仕様では、XMLの設定をそのまま反映しておりました。

新仕様では、上記に記載した通り設定を変更することが可能になります。

最新のアップデート情報につきましては、随時メールマガジンにて先行案内させていただきます。

【PixAuto(自動組版)のメリット】
XMLデータとの整合性を担保できる組版PDFの自動作成

  • 文字品質が高く、かつスピード感ある組版PDFの提供が可能
  • 製薬メーカー様での校正レスを実現
    (組版PDF、XMLのどちらか一方の校正のみで問題無し)

~PixAuto検討中の製薬メーカー様へ~
アップデート情報を踏まえまして、PixAuto(自動組版)の再提案をすることがございます。
引き続きご検討をよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 添付文書電子化にともなうGS1コードの登録・確認は完了しまし…

  2. Webデジタル検版について新たな機能を追加いたしました

  3. Wordの変更履歴のユーザー名を一括変更できます。

  4. 在宅勤務にはWeb画像検版をご活用ください。

  5. 後発の新記載添付文書には「先発XML流用ツール」で作りましょ…

  6. PixAutoアップデートのご案内(メルマガ4月再掲)