新記載要領のスケジュールが間に合うか・・・

  • XML

こんにちは。営業部のRです。 あっという間に秋らしくなり、夜間の気温が低くなってきましたが、皆様体調はいかがでしょうか。私は気温の変化についていけておりません。

さて本日は、少し心の叫び的なお話をさせて頂きます。気分を害されましたら誠に申し訳ございません。

ダイコウグループの現状とスケジュール

新記載要領がスタートして1年半以上たちます。 コンスタントにご依頼を頂いているメーカー様も居られますが、ダイコウグループ全体を見ますと、緩やかに進んでいるのが現状です。

本日は業者の分際ですが、少々現実的なお話をさせて頂きます。
世の中の添付文書の総数:15,000製品分 大光グループでご依頼頂いている総数:約3,600(旧様式ご依頼分より)

約1/4がダイコウグループへご依頼頂いている状況でございます。

ダイコウグループでXML作成済み<未公開含む>:約600品

残りの日数

終了日を2024年3月31日として、稼働日を算出しますと、
2020年:50日ほど
2021~2023年:250日/年間営業×3年=750日
2024年:50日ほど

合計約850日

ダイコウクリエでの「先発品の新記載要領」基本スケジュール(状況により+1~2日)
4頁:6営業
6頁:8営業
8頁:10営業
10頁:12営業
12頁:14営業
XML、PDFまで仕上げております。(1~2日プラスでお時間頂くこともございます)

今後の見通し!!

私が所属している東京チームだけで算出してみますと、週に作成できる数「12品」ほどですので、単純に1日に2.4品作成できることになります。

2.4品×850日=2,040品(東京だけでの予想)

大阪チームを含め3,000品は作成可能ですので、今から頑張れば、「ギリギリ」終わるかと思います。 しかし、これが後ろにずれるほど対応が難しくなっていきますので、動けるときに(相談Wordがあれば作っていきましょう)どんどんやっておくべきかと思います。

同梱廃止が来年8月~ですから、現在の緩やかな状況は続くのかと予想されます。最終年に集中することは予想がつきますが・・・さてどう捌いていくか・・・
集中した場合は、対応しきれませんので、今より1品の作成スピードを上げていく必要があります。

しかし、人力では無理がありますので・・・

少々癇に障るような内容だったかもしれませんが、ダイコウグループはビクビクしております。
2023年はすごいことになっていそうで・・・
昔のように残業はできませんので、限られた時間の中、限られた人材でやっていくしかないのです・・・
そこで~~~~

次回、打開案をご紹介します!

最後まで読んで頂きありがとうございます。

営業R