一変承認の照合元データは承認後

こんにちは。営業のNです。

今回は新記載添付文書の届け出ですこしトラブルがあったので、今後のために皆様に注意喚起しておきたいと思います。

照合元データが公開されない?!

ある製薬会社様にて以下のような事例がありました。

  • 添付文書のXMLもPDFも改訂が完了。あとは照合元データ待ち。
  • 通常5日前に照合元データがでてくると聞いていたので待っていたが、なかなかでてこず。「あれー?作業遅れているのかなー。」
  • あまりにでてこないのでPMDAに問い合わせたら「今回は照合元データでてきませんよ。手動受理になります。」との回答。
  • あわてて届け出て手動受理

そうなんです。

一変承認の場合照合元データは、承認日以降に公開されます。

届出→手動受理。そしてPMDAにメール送付 タイトルは「【承認日等連絡】(一般名)_(企業名)」。承認後にそこではじめて照合元データがでてくるというフローになっています。

当局の説明資料にもこうなっていましたよね。

出典:SKWサイト

手動受理&紐付け情報の再登録が必要

照合元データがないので、自動受理が出来ません。一変承認の届出は、基本的に手動受理による届け出が必要になります。

また、一変承認後に公開される照合元データは、末尾の番号が繰り上がるそうです。

一変承認前に紐付けを行っている場合は、一度紐付け情報を解除して、更新された照合元データに再度紐付けを行う必要があります。

照合元データまわりは非常にややこしく、いろいろな情報が一気にきたため、咀嚼しきれていない人が多いです。

我々も今度から気を付けます。現状こういった日々のトラブルは多数ありますね。

なお、一変だけでなくて審査部による改訂相談の案件も同じフローになるそうです。ご注意ください。

関連記事

  1. 医薬品添付文書のXML【その他の副作用について】

  2. SGMLからXMLへの変更に伴う文字コードの違い

  3. 添付文書用XML解析 1. XMLの全体像

  4. 添付文書用XML解析 5. Lang要素とxml:lang属…

  5. 添付文書用XML解析 4. Item.Detail要素3

  6. 添付文書用XML解析 7. 組成性状