XMLについての記事は久々になってしまいました。

医療用医薬品添付文書の新記載要領に伴い、SGMLデータがXML形式に変更になる事になり、最近はXMLについてのお問い合わせも増えています。今のうちにXMLに関連する基本的な情報については、理解しておきましょう。

今回はXSLTについて概要を解説します。
簡単なXSLTを実行してみて、どのような事が出来るのか実感してみましょう。

XSLTとは

XSLTは、一言で言うとXMLを扱えるコンピューター言語のひとつです。
XMLをHTML等の別のデータ形式に、容易に変換する事が出来ます。

たとえば、本のタイトル、著者、価格等の情報を記述されているXMLがあったとします。これらの情報をどの様に表示するかは、XMLには記載しません。XMLは基本的に情報を保有しているだけだからです。

XSLTは、XMLから情報を取得して、見やすい、使いやすい見た目に整形するのが主な役割です。

XMLから取得した情報を基にHTMLを作成する事が多いです。
今回のサンプルもXMLをHTMLに変換するサンプルになります。

必要なもの

※基本的にwindowsPCで作業する事を前提に説明します。

  • メモ帳
  • インターネットブラウザ

XSLTを実行するのに、特別なものは必要ありません。
なぜならインターネットブラウザがXSLTに対応しているからです。 IEかFireFoxでご確認ください。Chromeも表示は可能ですが、一部設定を変更する必要があるので、ここでは非対象とさせていただきます。

サンプルデータの確認

まずはサンプルファイルをダウンロードしましょう。
zipファイルの中に下記の3ファイルが格納されています。

  • sample_pi.xml(XSLTに変換されるXMLです。)
  • sample_pi.xsl(XMLを変換するXSLTです。XSLTの拡張子は.xslです。)
  • sample_pi.xsd(上記XMLのXMLスキーマです。XSLTの変換には直接必要はありません。)

まずは、メモ帳で「sample_pi.xml」を開いてみましょう。下記の様になっています。

文章の量はかなり少ないですが、医療用医薬品添付文書を意識したXMLのサンプルです。

ポイントは2行目の記載になります。

この1行で「sample_pi.xsl」という名前のXSLTとリンクさせている訳です。

XSLTの実行

それでは、今度は「sample_pi.xml」をインターネットブラウザで開いて、XSLTを実行してみましょう。
下記の様に表示されるはずです。

xslt_1

XMLのソースのままではなく、それらしく表示されました。ここでは以下の様な処理が行われています。

  1. インターネットブラウザがXMLを読み込む
  2. XMLに記述されたXSLT(sample_pi.xsl)を実行して、XMLをHTMLに変換する。
  3. 変換後のHTMLをインターネットブラウザ上に描画する

XSLTが変換したHTMLをブラウザの画面上に表示している訳です。
「sample_pi.xml」をメモ帳で開いただけの素のXMLの表示に比べて、ずっと見やすくなりました。
このようにXSLTは、XMLの情報を、利用者が使いやすい様に表示するためのツールとして使われます。

まとめ

XSLTは、XMLを扱う事が出来るコンピューター言語
利用者に合わせてXMLの情報をさまざまに変換する事が出来ます。
インターネットブラウザだけで実行可能。お手軽なXML変換ツールとして利用される。