「見やすいデザイン」のサンプル

UCDA認証レベル2 「見やすいデザイン」の基準にそってサンプルを作成してみました。
弊社が作成している医薬品の「患者向け医薬品ガイド」を使いました。
サンプルなのでつっこみどころはあるかと思いますが、大目にみてください。(笑)

「見やすいデザイン」はUCDAの評価項目:わかりやすさの9項目のうち

-情報量:情報量として適切か-

 ・読み手側がプレッシャーを受けない情報量で1紙面が作られているか

-タイポグラフィ(文字):文字の読みやすさ、可読性への配慮-

 ・判読にストレスを感じないレベルのポイント数を使用しているか
 ・不適切な変形、圧縮がないか
 ・1行あたりの適切な文字数(行長)と行間で構成されているか
 ・漢字、ひらがな、カタカナが適切に使われているか

-色彩設計:識別しやすい色づかい、多様な色覚のユーザーへの配慮-

 ・不用意に色を使いすぎていないか?
 ・十分なコントラストを確保しているか?
 ・彼に配慮した色彩設計がされているか?
 ・色弱者、一般色覚者を問わず、識別しやすい配色を心がけているか?

の3つを考慮したデザインになります。

以下、左がもと、右が見やすいデザインを考慮し作成したものです。
表紙を作り、読み手である患者さんに何の薬かすぐにわかるようにしました。

重要度の高そうな項目を前のページに持ってきました、
関連性が高い項目でまとめるため項目の入れ替えをしました。
なるべくまとめた項目ごとのページになるよう調整しました。

文字フォントにUCDフォントを使用し、行間を広げ可読性を高めました。

色彩設計に関しては、今回は1色なので対象外となります。

 

もと 見やすいデザイン
 

1

1_UCDサンプル(患者向けガイド)_ページ_1  
表紙を作成し、薬の名前や効果を記載し、何薬かわかるようにました。

motoゾルピデム酒石酸塩錠5mg10mg「ファイザー」_患者向けガイド_ページ_2 1_UCDサンプル(患者向けガイド)_ページ_2
  2ページ以降は関連性がある項目でまとめ、重要度の高そうな順番に入れ替えました。

3 1_UCDサンプル(患者向けガイド)_ページ_3
使用フォントをUCDフォントの「みんなの文字」に変更し、行間を広げて可読性を高めました。

motoゾルピデム酒石酸塩錠5mg10mg「ファイザー」_患者向けガイド_ページ_4 1_UCDサンプル(患者向けガイド)_ページ_4
  表内文字もフォントを変更することで読みやすくなりました。

motoゾルピデム酒石酸塩錠5mg10mg「ファイザー」_患者向けガイド_ページ_5 1_UCDサンプル(患者向けガイド)_ページ_5
  副作用は大切な情報なので大項目としました。

   1_UCDサンプル(患者向けガイド)_ページ_6
ページ数は増えましたが、1ページの情報量は少なくなっているので圧迫感は減りました。

 

誰しもが病気になれば患者さんになるので、
患者さん目線でサンプルを作成してみました。

もとの患者ガイドは、必要な情報を抜けなく流し込んでおります。
重要な情報順に項目は出現しているのですが、ややまとまりに欠けた印象で、行間がせまく可読性も低かったので、

文書内容は修正せずに、項目の入れ替えやフォントの変更、
行間調整で見やすくなるよう作成しました。

その際、「見やすいデザイン」の基準に沿ってデザイン変更したので、
やみくもに行うより、見やすくなったと思いますが、いかがでしょうか?

弊社は多くの医薬・医療機器業界の文書作成を行っております。
医薬・医療機器業界では、まだまだUCDは認知されていないのが現状ですが、
生命に関わる情報を扱う業界ですので、UCDはきっとお役にたつと思います。

今回は「患者向け医薬品ガイド」をサンプルにしましたが、
他の文書・書類でもサンプルを作ってほしい!
文書・書類をもっと見やすくしたい! など
ご要望がございましたら、弊社までお気軽にお問い合わせください。