医療・医薬品添付文書、医薬品添付文書集、医療機器、SGML、新記載要領XMLの作成、組版から各種データ作成、印刷、加工、梱包まで当社にお任せ下さい
DaikoCrea技術Blog
  • HOME »
  • DaikoCrea技術Blog »
  • 未分類

未分類

添付文書用XML解析 7. 組成性状

更新がすっかり滞っていました。。今回は組成性状についての説明です。
組成性状の項目は、基本的に表組で記載する項目です。製品毎や剤形毎に記載方法が異なる事が多い項目ですが、XMLではどのように情報を表現するのでしょうか。
※スキーマver.0.9.8対応

SGMLの場合、添付文書との相違

まず現状のSGMLでの記述方法を見てみましょう。下記の様な組成性状の記載例を記します。

組成の例

seijo

一部端折っていますが、組成性状の項目はSGMLで上記の様に表します。SGMLの詳細な解説は割愛しますが、組成性状は紙の添付文書とSGMLで表現方法が大きく異なる項目です。主に下記の様な点で異なります。

  1. 警告や禁忌より前に記述される。
    紙の添付文書では組成性状は禁忌(原則禁忌)の後に記述します。SGMLではapprovaletc(承認等)という項目に含まれ、これは警告や禁忌の項目よりも手前に記述されます。
  2. 販売名毎に記述される。
    組成性状の内容は、販売名毎に情報をバラバラに記述します。
    上記の例だと、2~20行目に「ヨクナール錠50mg」、22~40行目に「ヨクナール錠200mg」の販売名、組成、性状の情報が記載されています。
  3. 表組を表現出来ない。
    紙の添付文書は表で記述する事が多い組成性状の項目ですが、SGMLでは基本的に表として記述しません

紙の添付文書と比べて、記述位置も、レイアウトも異なるので、SGML作成の時には少し注意が必要な項目でした。XMLだと記述方法はどのように変わるのでしょうか。

XMLの場合
組成性状の記載順

まず、SGMLでは警告や禁忌より前に記述されていた組成性状ですが、XMLでは紙の添付文書と同じく、禁忌の直後に記述します。

紙の添付文書と同じ記述順で記載されるのでわかりやすいですね。

販売名毎の記載

XMLでも組成性状の内容は、SGMLと同じく販売名毎に記述します。

組成は「Composition」要素に記述します。内部に「CompositionForBrand 」要素があり、ここに販売名毎の組成を記述します。
下記の場合、26行目から44行目に「ヨクナール錠50mg」の組成の内容を記載しています。

性状は「Property」要素に記述されます。内部に「PropertyForBrand 」要素があり、ここに販売名毎の組成を記述します。
下記の場合、70行目から92行目に「ヨクナール錠50mg」の性状の内容を記載しています。

「CompositionForBrand 」要素と「PropertyForBrand 」要素の開始タグには、ref属性が記述してあります(26行目と70行目)。この属性には、「DetailBrandName 」要素のid(20行目)が記述されます。
ref属性に記述するidによってどの販売名の情報を記述しているのか示している訳です。

表組の再現

レイアウトについては、XMLでも紙の添付文書と同じ様に表組レイアウトを再現する事は出来ません

下記は組成の記述例ですが、剤形や色調、大きさ等、それぞれの情報を羅列して記述する仕様になっています。紙の添付文書の表組を再現できる仕様になっていません。

組成性状は、紙の添付文書とXMLで表示が異なる項目の一つになります。

まとめ
  • 紙の添付文書と同じく、禁忌の直後に記述する
  • SGMLと同じく販売名毎に記述する
  • 表組のレイアウトは再現出来ない

今回で添付文書用XML解析は一段落となります。添付文書XMLについて何かございましたら弊社営業までお気軽にお問い合わせくださいませ。

MOS資格取得

大阪デジタルオフィス部の岸中です。
Officeのアプリケーションといえば、Word、Excelですが家庭用のPCにもインストールされた状態で売られていたりでかなりユーザーが増えてきています。
印刷会社のDTPソフトといえば、まだまだAdobeが主流を占めていますのでWordといえば単にテキストを抽出するだけの中間媒体としての利用がほとんどでした。
そんなワープロソフト扱いされてきたWordだったので添付文書などInDesignを使って作り直していたのですが、2010が発売されたあたりから医療機器メーカーでWordのまま印刷してほしいとの依頼があり、以後短納期はWord入稿でというのがすっかり定着してまいりました。
今では主要DTPソフトになったWordですが、使ってみると意外といろいろな事が出来るので結構難しいく社内でも使える人間があまりいませんでした。
そこでダイコウクリエではWordのMOS資格取得キャンペーンを行いWordのオペレータ育成に力を入れることになりました。
MOSというのはマイクロソフト・オフィス・スペシャリストの略で社長自らSpecialistの資格を取るといった肝入りのキャンペーンなのです。
さてスクールなどに通う時間がないといった独学で勉強する人におすすめ教材があります。
「FOM出版の対策テキスト&問題集」です。
CD-ROMが付いていて数パターンの模擬テストの問題が受けられます。
実際の試験と同じようなアプリを使用して作られているので非常にわかりやすいので本番でやり方が解らないといった事がなくなるでしょう。
間違った問題は正解を教えてくれ繰り返し学習すれば全問合格圏内にもっていけるはずです。
模擬試験なので時間も50分のカウントダウン内で終了しないといけないのでペース配分を身に付ける事が出来ます。
※実際の問題数は模擬テストより少ないので余裕を持って受けられます。
この様な独学でSpecialist→Expertへとステップアップして1ヶ月ほどで試験に臨み無事合格する事が出来ました。
Expert-1024x724
「Wordのデータでは印刷出来ない」などと言っている印刷会社は今後生き残れないのではないでしょうか?
入稿する様々なパターンのデータの手直しに対応するため日頃使用しないようなWord機能面も知っておくことは大事な事だと感じており、そのためこのMOS資格は非常に有効であると思われます。
Wordの仕事は編集から出力まで任せて安心のダイコウクリエにお任せください。

PAGETOP
Copyright © Daikocrea Co. Ltd. All Rights Reserved.