医療・医薬品添付文書、医薬品添付文書集、医療機器、SGML、新記載要領XMLの作成、組版から各種データ作成、印刷、加工、梱包まで当社にお任せ下さい
DaikoCrea技術Blog
  • HOME »
  • DaikoCrea技術Blog »
  • その他

その他

Windows10セットアップ 「あるあるネタ話し」

突然ですが皆さん、Windows7のサポートが2020年1月で切れることをご存知でしょうか?

WindowsXPの時代が長く、サポート終了の時に結構大きな問題になったことがありましたが、今度は Windows7 が2020年の1月にサポート切れとなります。(Windows 8 (8.1) はその3年後にサポート切れ)

この業界では作ったデータをなるべく変更しないようソフトのバージョンもそのままに使い続けるのがセオリー? ですが、セブンは何気にあと2年! ということで、世間に遅れること数年、いよいよ新しくする時が近づいてきました。

えっ、まだセブン? といった声が聞こえてきそうですが・・・
そうなんです。 当社作業機の大半は まだ Windows7 なんです。
今までに作ってきた制作物の特性上?、なかなか簡単に新しくできなかったんですよね。^^;

ということで、今回はXMLとはまったく関係なく、作業機のセットアップに関する “あるある系” のネタ話しです。


まずは新しいPCの初回起動 OSはもちろんWindows10 pro

ハードは、Core i7、メモリ16GB、SSD516GB となかなかのハイスペック!
電源刺してモニタ繋げてはい、電源ON!!

「こんにちは」

はいはいこんにちは。手順通りにお住まいの地域だの初期セットアップを終えて再起動・・・

パァッ!!  激早い!!!!

ていうかアレが出てこないよアレ!!

1805008

↑↑↑ コレコレ ↑↑↑

SSDの恩恵か次から次へと更新させられてゴミがたまってない新品だからか

スマホかタブレットのごとくパッとつきます。

1805001

初回起動の画面はこんな感じでゴミ箱もなんにもないので、まずはWindows7と同じようにアイコンを出してみようかと、

設定をポチ・・・、あれ?

1805005

なんか全然違う
何なに、タブレットモード、集中モード??

何やらよくわからないのはとりあえずオフだオフ
全部オフでいい!!

あと、ユーザーの追加は・・・と
 コンパネ・コンパネ・・・
縦長オンリーの表示はかなり探しにくいですね

1805009

あった、あった!システムツールの中に本家コンパネ発見

正規コントロールパネルからユーザーの追加とIPアドレスと、あれこれしていくうちにスタートメニューが何やらにぎやかで、どうにも落ち着かないというか・・・
入れた覚えのないツールも勝手にダウンロードされてるし!?

1805010

何てサプライズ! 最初からライトユーザーが楽しめるソフトてんこもり!!・・・って、
一般家庭用向け(Home Edition)ならまだしも、Pro の仕様も同じデフォルトというのは、ちょっとどかと思いつつ、、

よく見たら、いろんなソフトがいっぱい入っているようなので一通りチェック
およそ仕事とは縁がなさそうなので、迷わずアンインストール

スタートボタンの隣にも何かあるので ポチ

1805006

Cortana ・・・なんでも聞いてください?
あー、なるほど、あれか・・・あれだ。iOSで言うところの “Sri” ね

別にSriもAlxaも 明日仕事じゃなく、キャンプにでも行っちゃうような一般ユーザーの楽しみとして普及しているのであって、クラッカー頼んだらどこのクラッカーが届くんだよと突っ込みたくなるようなものを仕事で使うやつはいないんじゃないかと・・

1805007

消せるようなのでポチ

ようやく落ち着いた感じになったところでこれからメールとフォントとアドビのソフトと、まだまだやることいっぱいあるので今回はこのへんでsetupimage

新記載要領の項目番号がレイアウトに与える影響

6/8に新記載要領の通知が発表されてから2カ月が経過しようとしています。
各製薬会社でも話し合いが行われているかと思いますが、通知の記述だけでは不明瞭な部分が多く、どうすればよいか悩まれている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

記述内容の変更や内容の細分化がなされ、新項目の設立や項目番号の追加等、レイアウトの面でも少なくない変更が見られます。
弊社でもサンプルとして、既存の添付文書のレイアウトを新記載要領に合わせて作り直してみました。
内容に関しては弊社では判断しかねた為そのままですが、記載順の変更と項目番号の追加をし、レイアウトの確認用として作成しました。

通知された「医療用薬品 の添付文書 等の記載要領 の留意事項 について」の3ページ目には

項目番号は、 局長通知に示すものを用い、下位の項目をつける 場合は、第3位まで「 1.1.1 」等と記載する こと 。更に項目番号 が必要 な場合には、 両括弧を用い「(1)」等と記載する こと 。

と記載されており、項目番号の記述の仕方が決められています。
今回は上記の記述に則り、項目番号を書き加えてみました。
元にした添付文書は大原薬品工業株式会社様のイマチニブ錠です(リンク先の版が改訂されています、ご了承ください)。

2パターン作成しましたので、参考までに見て頂けたらと思います。

パターン1

pre1_ItemNo_Sample_1

ItemNo_Sample_pattern1.pdf

まずは元のインデントのまま項目番号を追加・修正しました。
項目番号によって記述が圧迫され、最終的に文書量が増加する結果となりました。
今回のサンプルでは「その他の副作用」の影響が大きいですね。

パターン2

pre2_ItemNo_Sample_2

ItemNo_Sample_pattern2.pdf

こちらはパターン1からインデントの幅を無くし、全体的に詰めたものとなります。
文字自体は詰まって見えますが、全体の分量は元の添付文書から僅かに減る結果となりました。

現状公開されている情報を元に作成しましたが、いかがでしょうか?
このサンプルが一つの参考になればと思います。

 

Webデジタル検版のコツ

前回に引き続き弊社で提供しているWebDIGITAL検版に関する記事をお送りします。
今回はPDFがうまく合わない時に便利な機能とその合わせ方のコツをご紹介したいと思います。
既にサービス登録済みの方向けの内容となりますので、ご了承下さい。

また、WebDIGITAL検版については前回の記事をご参照ください。

PDFの合わせ位置

「検版したのに位置が上手く合わない!」なんて経験はありませんか。

同じ環境下で作成されたPDFの比較であれば、サイズや比率が揃っているため検版結果がズレることは有りません。
ですが、トンボを追加するなどしてPDFの絵柄が変わった場合は位置を合わせる基準点もズレてしまうため、正しい位置で検版することができなくなってしまいます。
そのような場合に備え、弊社のWebDIGITAL検版には「合わせ位置範囲指定」という機能が用意されています。

この機能は、比較するPDFを重ね合わせるための基準点を任意の範囲内から取得することが可能で、本来PDFの左上に設定されている基準点以外での検版が可能となります。

ただし、使用するPDFには条件があり、背景が白く(無色か完全な白地)なければありません。
特にスキャンデータなどは余計な色が入りこむことが殆どなため、この機能を活用することはできません。
理由は後ほど説明致します。

範囲の選択方法

「プレビュー表示」をクリックし、「合わせ位置範囲指定」にチェックを入れると、新旧PDFの画像が表示されます。
この状態で新旧画像上をドラッグすると青い枠が表示され、基準とする範囲を選択することができます。

下記画像は新PDFファイルに添付文書を選択し、「日本標準商品分類番号」周りを基準として選択して有ります。
%e5%90%88%e3%82%8f%e3%81%9b%e4%bd%8d%e7%bd%ae%e7%a2%ba%e8%aa%8d

機能の仕組み

新旧画像上で選択した範囲内の左上から順にピクセルの色を確認し、最初に見つかった白以外のピクセルを元に基準点のX座標・Y座標を決定します。
色の有無で位置を確認している為、背景が白(無色か完全な白地)でない場合や、スキャン画像などは関係ない色を拾ってしまうため、正しく基準点を取得できないので注意して下さい。

一例として、左上のトンボを囲った場合は、以下のような位置が基準点となります。
選択範囲内で一番上にある色のついたピクセルのY座標と一番左にある色のついたピクセルのX座標を元に基準点となる位置を決定します。
%e5%9f%ba%e6%ba%96%e7%82%b9%e8%aa%ac%e6%98%8e

お勧めの選択対象

「合わせ位置範囲指定」は色を探して基準点とするため、周囲から孤立した図形が適しています。
双方で位置の変わらないオブジェクトを選択し、位置を合わせます。

添付文書であればタイトルロゴ周りのオブジェクトであれば安定して比較できると思います。
下記の添付文書ではトンボの有無でサイズの異なるPDFを比較しようと「日本標準商品分類番号」周りを基準にし、比較を行いました。

%e3%83%87%e3%82%b8%e6%a4%9c%e6%af%94%e8%bc%83

上記の条件で比較を行った結果、下記のような結果を得ることができました。
綺麗に基準点を設定できたと思います。

%e3%83%87%e3%82%b8%e6%a4%9c%e6%af%94%e8%bc%83%e7%b5%90%e6%9e%9c

その他、ラベルであれば、トンボが付いた状態が多いのでトンボを基準に。
箱であれば、箱表面にロゴ等が記載されている場合が多いので、そのロゴを目印に比較すると上手くいくと思われます。

以上の仕組みのため、選択範囲は大まかでも問題ありません。
対象とする図形が入っていれば基準点を取得することが可能となっています。

ただし、あくまでも重ね合わせる位置を調節可能なだけであり、拡大・縮小には対応しておりません。
その点はご了承下さい。

詳細、試用アカウントのお申込み

「Webデジタル検版」は有償サービスです。
詳細はこちらからご確認ください。

ご検討の際は1ヶ月無料にてご利用いただけるアカウントを発行致しますので、お気軽にお問合せ下さい。
こちらからWeb上でもお申し込みも出来ますのでどうぞ。

Page 1 / 212
PAGETOP
Copyright © Daikocrea Co. Ltd. All Rights Reserved.