イースターエッグと呼ばれる、“隠しコマンド”をご存知ですか?
制作側がソフトウェアに組み込んだ、本来の機能や作業的に全く意味のない、いわゆるお遊び的な機能です。
そんな隠れたコマンドは、我々DTPオペレーターがよく使用しているAdobe Illustrator・Photoshop・Indesignにも存在しています。
今回はその3つのソフトの隠しコマンドを簡単にご紹介します。

まずはIllustratorから。

データを開くと、画面の左下にメニューバーがあると思います。
blog_command_1

これを、optionキー(Win→altキー)を押したままクリックします。
すると

blog_command_2

なんとも妙なメニューが大量に追加されました。

個人的なおすすめは目玉です。カーソルに合わせて目線を動かしてくるところが良いです。
blog_command_3

次はPhotoshopです。

blog_command_4
ここではレイヤーのウインドウを使います。
レイヤーパレットの右上、オプションをひらく三角マークのボタンをクリックしてください。
そして、optionキー(Winはaltキー)を押したままパレットオプションを選択します。
そうすると

blog_command_5
なんと、魔法使いっぽい何者かが突然画面上に…
ウインドウの名前がマーリンとなっていることから、アーサー王伝説が由来のキャラなのかもしれません。

最後にIndesignです。

Indesignを起動して、上部メニューからInDesignについてを選択します。
blog_command_6

そして、この画面が出てきたらそのままキーボードで butterfly と入力して下さい。
すると、

blog_command_7
大自然の中を蝶々が飛んでいるという、なんとも綺麗なグラフィックに切り替わります。

しかしなぜかこの蝶々、クリックするとピンで止めていくことができるのですが、
沢山蝶を止めていくと、妙な現象が起こります。
一体何が起こるのか、ぜひ実際にやって確かめてみて下さい。

まだまだ多くのコマンドが存在していたり、同じコマンドでもバージョンによって違いがあったりもするので、色々試してみるのも面白いのではないでしょうか。
豆知識として、飲み会の小ネタとして、話のタネに使ってみてもいいかもしれません。