医療・医薬品添付文書、医薬品添付文書集、医療機器、SGML、新記載要領XMLの作成、組版から各種データ作成、印刷、加工、梱包まで当社にお任せ下さい

技術Blog

隠しコマンドについて

イースターエッグと呼ばれる、“隠しコマンド”をご存知ですか?
制作側がソフトウェアに組み込んだ、本来の機能や作業的に全く意味のない、いわゆるお遊び的な機能です。
そんな隠れたコマンドは、我々DTPオペレーターがよく使用しているAdobe Illustrator・Photoshop・Indesignにも存在しています。
今回はその3つのソフトの隠しコマンドを簡単にご紹介します。

まずはIllustratorから。

データを開くと、画面の左下にメニューバーがあると思います。
blog_command_1

これを、optionキー(Win→altキー)を押したままクリックします。
すると

blog_command_2

なんとも妙なメニューが大量に追加されました。

個人的なおすすめは目玉です。カーソルに合わせて目線を動かしてくるところが良いです。
blog_command_3

次はPhotoshopです。

blog_command_4
ここではレイヤーのウインドウを使います。
レイヤーパレットの右上、オプションをひらく三角マークのボタンをクリックしてください。
そして、optionキー(Winはaltキー)を押したままパレットオプションを選択します。
そうすると

blog_command_5
なんと、魔法使いっぽい何者かが突然画面上に…
ウインドウの名前がマーリンとなっていることから、アーサー王伝説が由来のキャラなのかもしれません。

最後にIndesignです。

Indesignを起動して、上部メニューからInDesignについてを選択します。
blog_command_6

そして、この画面が出てきたらそのままキーボードで butterfly と入力して下さい。
すると、

blog_command_7
大自然の中を蝶々が飛んでいるという、なんとも綺麗なグラフィックに切り替わります。

しかしなぜかこの蝶々、クリックするとピンで止めていくことができるのですが、
沢山蝶を止めていくと、妙な現象が起こります。
一体何が起こるのか、ぜひ実際にやって確かめてみて下さい。

まだまだ多くのコマンドが存在していたり、同じコマンドでもバージョンによって違いがあったりもするので、色々試してみるのも面白いのではないでしょうか。
豆知識として、飲み会の小ネタとして、話のタネに使ってみてもいいかもしれません。

InDesignバージョンアップ時の注意(角丸編)

編集済みのInDesignデータをバージョンアップする際は、予想外のことが起こる可能性があります。
今回は角丸に関するバグをご紹介します。

InDesignCS3で角丸オブジェクトを作成しました。
角オプションで上から順に、1mm、0.5mm、0.2mmのサイズを設定しています。

blog_201512cs3

このデータをInDesignCS6に上げてみました。
角丸のサイズが変わっている…?

blog_201512cs6

わかりやすいように重ねてみます。
0.2mmは変わっていませんが、1mm、0.5mmは変わってしまっていることがわかります。

blog_201512cs3cs6
この現象はCS4からの有名なバグのようです。
バージョンアップの際は、よく注意して作業しましょう。

オーバープリントと乗算の違いについて

いわゆる「ノセ」とも言われる【オーバープリント】、そして透明効果としての【乗算】。

意味合いとしては似たような名前ですが、実はその内容は似て非なるものなのです。

いくつかのCase毎に、その違いを比較してみましょう。(OS X 10.8.5  Illustrator CS 5.1)

 

Case.1 異なる単色

blog_op1

C50のオブジェクトの上にM50のオブジェクトを描き、M50のオブジェクトにそれぞれオーバープリントと乗算(不透明度100%)を適用してます。 結果は予想通り、重なった部分はそれぞれの色を足したC50M50となりました。

 

Case.2 同じ単色

blog_op2

M30のオブジェクトの上にM50のオブジェクトを描き、M50のオブジェクトにそれぞれオーバープリントと乗算(不透明度100%)を適用してます。

 

……おや?乗算の様子が……?

M50にM30を足したらM80になりそうな気がしますが、結果はM65という中途半端な数字になりました。いったいどんな仕様なんでしょうか。

 

対してオーバープリント側は、効果が適用されずに、通常のノックアウト処理と同様の結果になっています。

 

Case.3 異なる掛け合わせ

blog_op3

Case.1、Case.2からの応用です。C30M50のオブジェクトにオーバープリント又は乗算(不透明度100%)を適用しています。

オーバープリント側・乗算側ともに、シアンとイエローはCase.1と同様、そしてマゼンタはCase.2と同様の処理を行い、それぞれを合算した数値になっています。もはやパズルですね。

 

Case.4 同時盛り

blog_op4

ここまできたらやっちゃいましょう。Case.3を元にオーバープリントと乗算を同時に適用したらどうなるのか。好奇心は加速します。

さて結果は…。

C30。そうですね、今までの話だとそうなりますね。

M65。そうですね、不思議な数字ですがこれも今までの話からそうなりますね。

Y51。

( ゚д゚) ・・・

(つд⊂)ゴシゴシ

(;゚Д゚) …!?

どこから迷い込んで来たんでしょうか、「Y51」という子は。バグなのか仕様なのかはわかりませんが、これはちょっと危険な香りがします。何でもかんでもオーバープリントでー、乗算でー、なんてやってると予期せぬ結果になってしまいそうな…。

このように【オーバープリント】と【乗算】は異なる動きをしますので、求める結果に応じて使い分けることをオススメします。

Page 11 / 14«101112»
PAGETOP
Copyright © Daikocrea Co. Ltd. All Rights Reserved.