今回は弊社でのXMLの活用例をご紹介したいと思います。

こちらの事例紹介でも紹介していますが、InDesignXMLを扱うことをとても得意にしています。
ここではExcel、XML、InDesignのデータを連携した事例をご紹介したいと思います。

XMLとInDesignのデータを連携をする場合、どのようにXMLを作成するのだろうかという当然の疑問が生じると思います。
そこで登場するのがExcelです。
御承知のように、Excelは、ビジネスで最も活用されているパソコンソフトです。データの格納に適したパソコンソフトであり、手軽なデータベースと言えます。
Excelデータをプログラムを使ってXMLに変換し、変換したXMLをInDesignに流し込みます。

XML変換イメージ

具体的な事例として、医療用製剤写真一覧の作成事例ををご紹介します。
弊社では、InDesignのXML機能を使い、医療用製剤写真一覧の自動組版を行っています。
お客様より数百点の医療用製剤写真一覧のExcelデータ原稿として届きます。
年1回の発行ですが、凝ったレイアウトになっているため、医療用製剤写真の追加と削除がある場合、手作業で行うと非常に手間がかかります。
XMLとInDesignを使った自動組版により、迅速かつ確実な組版処理を行なうことができています。

原稿として届いたExcelデータ

xml_indd04

Excelデータから変換してXMLを作成

xml_indd06

Excelデータから変換したXMLをInDesignに流し込んだ結果

xml_indd05